初めての売り専ゲイハウス

売り専にいったことのないゲイの人のための教科書

売り専お店選び

■売り専を利用する前にチェックすること

誰でも初体験というのは緊張するものです。
分からないことだらけだし、相手にヘンに思われたらどうしようとか。予約の電話を掛けることだけでも緊張しちゃういますよね。

でも、こちらは客なのですから堂々と電話を掛けましょう。電話をかけてくる人はなんだかんだ言ってもセックスしたい人達ばかりな訳だし(笑)。

もしも店に電話を掛けてどうにも相手の対応が悪かったのなら、それは相手側に問題がある場合がほとんど。そんな店はサービスも期待できないはずだから、さっさと別の店に電話をすることをお奨めします。

そうは書いてみたものの、売り専店に予約の電話をする前にやることはいっぱいあります。まずはネットで星の数ほどもある売り専店をざっとチェックしてみましょう。とにかくざっと見てみること。当サイトのリンクからでもいけるのでチェックしてみてくださいね。

暇な時にひとつひとつクリックしてみて下さいませ。そうすると、店によってボーイのタイプ(ボーイさんの傾向ね。マッチョ系が多いのか?ジャニーズ系が多いのか?といった感じ)、値段(店によっては数千円の開きがあります)、オプションプレイの有り無しなど(コスプレ、3P、SMプレイ可能とかね)が分かってくるようになりますよ。一つ一つをチェックしてみてお気に入りの店が現れたら、覚えておいてください。

■自分に合う売り専店が見つかったら

ネットでみて、1~2くらいイケてる店が見つかったら、ボーイさんの画像一覧を眺めて、どの子を指名するか考えないといけませんね。ボーイさんの名前や画像をクリックすると、より詳細の情報を見られるようになっているサイトがほとんど。

詳細情報をみる際にチェックしなきゃならないのは、バックタチ・ウケができるかどうか。もちろんバックをする気がない人はそんなことを気にする必要はないのだけれど、「ガンガン堀り倒してほしい!」な~んて思っているバリウケな人は要チェック。

画像を見てせっかくイケてるのに、よく見たら「バックウケ」だけだった・・・・な~んてこと、過去何回もありました・・・。
逆にタチの人もよくチェックしておかないと、お気に入りのボーイさんがケツは使えないなんてこともありますよ。

指名するボーイですが、自分としては候補は1名だけに絞ることをお奨めします。もちろん1名だけに絞ると「○日にお願いしたいんですけど」と日程を提示した際に、「その日は○○君はお休みなんですよ~」って言われる可能性がある。

そんなふうに断られたら「ほかの子でもいいかな、もう」な~んて妥協しそうになるけれど(自分はいつもそれで失敗しています・・・)、売り専初体験でしたら妥協は禁物! 「○○君 よりはちょっとレベルが落ちるけれど、□□君でもいいか」みたいな指名の仕方はしちゃダメ。

初体験は「こんな彼とエッチがしたかったの!」と心から思える相手じゃないと後悔してしまいますよ。

■ウリ専のシステム

ウリ専のシステムですが料金の相場は店や地域によって違います。

だいたいが 60分 13000円前後

が相場です。

大抵の店の場合、「○○分→金額」という形になっていて振り分けは→40分・60分・90分・120分・180分・5時間泊まり8時間・泊まり10時間・ロング8時間・ロング10時間

ロングって何?と思う方もいると思いますがロングというのは泊まり無しのコースです。その時間拘束される時間はいわばデート時間といったところですね。

食事した後にサービスやドライブ・買い物の後にサービス。また、店によって色々なコースも存在しますよ。デートコース・手こきコース・コスプレコース・3Pコース・マッサージ(リラクゼーション)コース などたくさんあります。

それはお店ごとによって違いますのでホームページで確認してくださいね。もちろんオプションもあります。電マ・コスプレ・放尿・アイマスクなどです。

初めて利用する人は何を選べば間違いないの?と思うでしょう。自分が性行為を目的としておススメするのは

「90分コース 」

です。

60分までのコースは短すぎて客側も店(ボーイ)側も時間におわれ楽しめませんし
90分だったら話もゆっくりできてシャワー・プレイもちょうど良くプレイできると思います。

■電話で予約!

いよいよお店に電話を掛けるのですが勇気を持って堂々と電話しましょう。事前に電話をしなくても(予約をしなくても)、いきなりお店に行ってボーイを指名することは可能です。ですが、お目当てのボーイがいるかどうかは分かりません。

アポなしでお店に行ってみたけれども、お気に入りの子は休みでおらず「店員の勧めるボーイを指名したら大失敗だったというのはよくある話です。

誰でもよいからかまわないという誰専でしたら大丈夫でしょうが、せっかくお金を払うのですから自分の好みのタイプとセックスはしたいはず。ですからこんなところでの妥協はダメですよ。

予約の電話口では「「初めての利用であること」「「ネットでサイトを見て電話をしたこと」「ボーイの予約をしたいこと」をまず相手に伝えましょう。店員は「どのボーイが希望か」「希望日時は?」等々聞いてきます。

個室を使いたいのならば、その旨も相手に伝えればオッケー。お店によっては「ボーイがバックをするのかどうか?」と聞いてくるところもあります。

その際には恥ずかしがらずに正直に「ボーイさんにバックタチをしてもらいたい」といった形で、自分の希望を伝えるましょう。

もちろん、「バックタチウケ」を聞かれなかったとしても心配はありませんが、なにぶん初体験だから確認しておくに越したことはありません。

できましたら「○○君(ボーイの名前)は、バックタチはしてくれますよね? 指名した時にはタチをお願いしたいと思っているのですが」と伝えればいいでしょう。

そうしたら相手は「○○君はバックタチは大丈夫ですよ」とか「バックタチの件はボーイに伝えておきます」といった形で返答してくださるはずです。

■受付のお兄さんと相談

あなたがバックタチをお願いしたら受付のお兄ちゃんは「そうですか。実はボーイの○○君はタチはあんまり得意じゃないんですよね」とか「ボーイの体調によってタチができない時があります・・・・」といったスカッとしない返答が返ってくる場合もあります。

こう言ってくれるお店は正直な良いお店なので、残念ではありますがそのボーイさんは指名しない方が賢明ですね。初体験なのにボーイさんが勃起しなかったら悲しいですものね。ただ、こういうふうに正直に本当の情報を教えてくれる良い店は、お気に入りのボーイさんが入ったらいつか利用してみたいものです。

同じ店でお気に入りのボーイさんが何人もいて困っちゃうという場合には、受付のお兄さんに「売り専利用初心者であること」を伝えて、「リードの上手なバリタチなボーイさんは誰ですか?」と聞くのもいいでしょう。

売り専初心者というだけじゃなくバックも初心者な人でも、そういう聞き方をしても良いですね。

といいますのも、20歳前後の若いボーイさんではやっぱり経験が少なくて、初心者の客にしっかり配慮しながら気持ちの良いプレイができる子が少ないのも事実だからです。

バックが初心者でタチのボーイさんを探しているのなら、比較的年齢の高い20代半ば~30歳くらいのボーイさんでお気に入りを探して、受付の人に初心者である旨を伝えて数人の候補の中から選んでもらっても良いと思います。

ただ正直に言うと、このようにボーイの選択権をお店に委ねてしまうことに自分は今ひとつ乗り気ではありません。信用できるお店と信用できないお店が混在しているのが売り専業界ですから…。

指名したとのは全然別人のボーイを平気な顔して派遣する店だってあります。、ですから初心者なのであれば、とにかく自分の理想を追求してボーイを選ぶ方が、結局は後悔が少ないように思います。

理想の顔・理想の体を持ったボーイとプレイをして満足できればそれで良し。もし満足できなければそれはそれ、自分が選択したのだから、今度は後悔しないようにしよう!思えるのではないかとおもいます。どうでしょうか?

公開日: